収益物件でチャンスを掴む|情報活用で利益アップ~

不動産

収益を確保するには

賃貸

収益を確保する工夫

不動産投資のうち誰かに貸し出して収益化する収益物件を利用する上でネックとなるのがその収益性の確保です。賃貸物件経営や駐車場経営の場合には誰かが利用してくれることで収益を得ることができ、反対に利用者がいなければ収益を得ることができません。また不動産は保有しているだけでも固定資産税が掛かりますし、建物の場合には年数が経つごとに設備が老朽化しそのための修繕費が必要です。このため収益が途絶えることで資金を持ちださなければならない赤字になるリスクが存在します。このため少しでも入居しやすい環境を整えることが収益性を確保する点でのポイントになり、その方法のひとつが家賃保証会社の利用です。家賃保証会社は、従来の連帯保証人に変わるもので、借り主が家賃を滞納した場合に代わりに立て替えて支払ってくれるものです。借り主は連帯保証人を用意する必要がないので、比較的借りやすくなるメリットがあります。

利用する際の注意点

家賃保証会社を利用する場合にはメリットとデメリットの両方があります。メリットとしては家賃保証されるので貸す側としては、家賃滞納時の家賃回収の作業が不要という点です。また借りる側としても連帯保証人不要で借りることができるという点です。現在では広く利用されている制度ですが、デメリットもあります。家賃保証を行うために保証料を支払う必要があるという点です。保証料の負担が大きいと貸す側も借りる側も互いに不利になります。また家賃保証会社によっては審査基準が厳しくせっかく家賃保証会社を利用したのに基準が厳しいために借り主が借りられないといったケースもあります。このため家賃保証会社を利用する場合には、その会社の性質をしっかりと見極める必要があります。